ニキビ跡の赤み!薬で治すには?

ニキビ跡の赤みに関しての記事は実は前回にも書いているのですが、そちらではニキビ跡の赤みを化粧水で治す方法というのを取り上げさせていただきました。(ニキビの赤み、化粧水での治し方)今回は、そんなニキビ跡に効く、治すための薬についてのお話でございます。化粧水とどう違うのかや市販薬と皮膚科で処方されるものの違いなんかについても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ニキビ跡の赤み、市販薬、皮膚科の薬正直どっちがいい?

まず、多くの人が疑問に思っているであろう市販薬と皮膚科で処方されるニキビ跡の薬はどちらを選ぶべきかということについてです。

私も色々調べてみましたが、どうやら皮膚科で扱われるもののほうが市販薬に比べて成分濃度が高かったりすることがあるそうです。

単純に強い!

ってことですね。

でも、お薬が強いというのはいい方向に対して働くこともあれば逆に働くこともあります。この逆に働いてしまうことが皆さまもご存じの副作用ってやつです。

なので、皮膚科の先生も軽度のニキビ跡であれば市販薬でも対応可能ですよとおっしゃってる方もおられます。

しかし、やっぱり結局は専門家のアドバイスをもらっての薬のほうが良く効くと思いますしそれぞれにあった薬を処方してくれることでしょう。

皮膚科でニキビ跡の薬を処方してもらときの注意点

さて、なるべくならば皮膚科にいって病院の先生にちゃんとあったお薬を選んでもらってそちらを使いたいものです。

しかし、このときにも注意すべき点がありますのでご紹介します。

自分の体調、病歴、薬の使用はちゃんと申告する

これは皮膚科以外の病院でも絶対に守りましょう。ここでウソを言ってしまうとあなたのニキビ跡に効果がない薬が処方されてしまう可能性があるばかりか悪ければ薬の服用で副作用を起こしてしまうことがあります。

なかには言いたくない、言いにくいようなものもあるでしょうけれどもここは自分のニキビ跡を治すため。ちゃんと正直に申告しましょう。

生活習慣に関してもちゃんと申告を

病歴などだけではなく生活習慣等についても同様です。

とくにニキビなんて生活習慣が原因でなってしまうものもあるためここは重要なのです。

お菓子やジュースを大人になっても食べるなんて言ったら恥ずかしいかななんて思ってる場合ではありません。

ここも正直に申告を!

ニキビ跡の赤みの薬は皮膚科に行こう!

先述しましたように確かに市販薬なんかでも対応可能な場合もありますが、なにせ大事なお顔のことです。できるならば皮膚科へ行き専門家のアドバイスをもらい薬を処方してもらいましょう。

以下サイトマップになります。
他にもたくさんニキビに役立つコンテンツをそろえておりますので是非ともごらんください。

ニキビ洗顔SkinCareサイトマップ

スポンサーリンク

フォローする